お便り紹介
2004年度版

なおサイフの画像付きページ「お便り紹介PLUS」はこちらです。

2000年版 2001年版 2002年版 2003年度版  2004年度版 2005年度版  最新版
 ホームページを開設して、皆さんからいろいろメールをいただくようになりました。それをこのコーナーでご紹介いたします。もちろんメールの公開についてはメールをいただいた皆さんの了承済みです。(なので紹介が前後することがあります) メールアドレスもプライバシー保護のため掲載しません。
 僕(クノッピー)からの返事メールは、もっといろいろ長々と書いてあるのですが、このコーナーでは要約しています。お気軽にどしどしご意見、ご感想をお寄せください。そしてメールいただいた方、本当にありがとう!!



day:Fri, 22 Oct 2004 00:49:28
name:元子
city:京都


今日の午後、仕事を休めるようにして行って来ました。何となくデパートより御幸町と思って歩いたのですが、四条上ルに店舗がなくて(改装中だと後で知りました)、探して歩いてキャトル kiki に到着。1時間ほど前に、お店に到着したばかりだという3点。うち1点がパイソンでした。

もう涙がでるくらい嬉しい!すばらしいタイミングでした。京都のkikiではキャトル店にだけ入荷したらしいんです(藤井大丸の2店ももちろん行きました)。この2年ほどトカゲやパイソン、クロコと他人が持たないようなミニ6穴(某イタリアブランド以外にないんです。こんな変な趣味の人っていないのかも…とあきらめてました)を探し回ってたので、本当に L(@^▽^@)」マットのナチュラル。オスですね。女の私の所に来るのですから、他人がギョッとしようがいいんです。本当にヘビらしいヘビ柄のヘビ皮です。一緒に買いに行った知人(男性)は、私と同じで「他人と違うもの。本当に価値のあるもの。こだわって作っているもの。」に目がない。私以上に薀蓄深いのですが「ヘビは嫌い。絶対に駄目。」だそうで…こんなにいい皮なのに…気の毒に!と、嫌がられながらも当然購入しました。これから楽しみです。いったい何人に嫌われるのでしょう?

財布も欲しかったのですが、今回は他社の銀色模様のヘアカーフを購入。アイソラのは「春」に残しておくことにしました。いつでもあると店員さんに聞いたから。これもまた楽しみ。あまりにもたくさん種類があるから迷ってしまうんですよね。せっせと通って、一番気に入ったものを見つけようと決心しました。さて、今日の内緒の買い物がばれないように、上手に新しい手帳を使う準備を始めます。マットのパイソンには断然シルバーが似合うと思うんですよ。ボールペン探しもしないと…秋に財布を買うと「空き財布」と昔聞かされましたが、その通りかも。

また、次に購入できるのを楽しみにしています。

追伸

今日購入した財布はkikiさんのオーダーだそうで、カラーリングが抜群でした。アイソラの財布とほとんど同じ造り(この型もたくさん出回っていると藤井大丸のいろんなお店で見ました)。違うのは一つ一つのポケットの皮にカード収納用の切れ込みが入っていたこと。でも…ファスナーの仕上げ具合も、マチのたぐり具合も、各所の仕上がりも、アイソラ製品の方が断然上でした。それが今回購入した財布の最大の欠点。逆にまた財布を購入する理由があって、いいかな?と思っています。長々と失礼しました。ホント、うれしくてまだ眠れないんです。

RE:元子さんはバインダーを探していて、アイソラに出会ってくれました。アイソラは今の季節以外はほとんどバインダーを販売していないので、ぼくにとってはとてもラッキーなことだと思っています。元子さんの友人と同じように、ぼくももともとへび革はダメだったんです。もちろん商売で扱っているから触ることなんかは平気だけれど、なんかへび革ってケバいイメージがあって、ぼくは避けていたんです。でもいざ使ってみたら大違い。丈夫だし、手触りはいいし、色の変化も楽しいし、なんといっても存在感が圧倒的なんです。まだ未体験のひとはぜひお試しあれ。元子さん、次回のサイフはアイソラも候補に入れてくださいね。けっこう気に入ってもらえると思いますから。
day:Sun, 17 Oct 2004 06:04:50
name:小吉
city:大阪

先日は、質問への回答ありがとうございました。 m(--)m。kiki MATERIALさんで、主人の財布とキーケース、購入して来ましたので、ご報告です♪

主人の財布には、僅かのお札と、ビデオ屋パチンコ屋ゲーム屋の会員証、各種カード類、10種類もの資格証・免許証、メモや名刺、妻の写真等、とにかく沢山入る必要があって、財布と言うよりサブバッグです。が、仕事の日は財布とキーケースを鷲掴みにし、真の財布であるがまぐちをポケットに入れて歩き、休日は持ち物全てをセカンドバッグに入れるため、サブバッグとか多機能ポーチと言われるものでは、セカンドに入らないのでいただけなくて・・・

そこで決めたのがギャルソン財布!財布を鷲掴みで持ち歩いても、お洒落なミニクラッチバッグみたいで、開けた時に一枚もお札が入ってなくても、恥ずかしくないようなデザイン。(?)男の手に持ちやすく、存在感があれば無くさないだろうとロングにしました。汚れ仕事の手で持ち歩くことを考え、汚れの目立たない濃い目の茶色で迷い、アイソラユーザーの店員さんの、オレンジのカリオカの育った色にも感激したけど、丈夫で育て甲斐のあるというブライドルレザーの中から、汚れの目立たないダークブラウンを選びました。毎日鷲掴みの主人なら、汚すし傷むけど、育ちも早い♪キーケースは、背面にチェーンのついたタイプで、茶色を注文。どちらも店頭にはなかったですが、私の予備知識と店員さんの知識を総合してイメージが浮かび、一昨日取寄せをお願いして、今日引取って来ました。

手でさするか、布や革ブラシでこすると、蝋が染み込んで白い皮膜が消えてゆくとお店で教わったので、布でこすり、手でさすってから主人の手に。どうかな?と見ていると、ショートサイズでも充分だったと思うほど、綺麗にすっきり入ってしまいました。9個のカード刺しは、種類ごとに2〜3枚ずつのカードと、名刺を数枚。免許証・資格証等大事なものはファスナー部分へ。小銭入れには、覚え書きやメモやレシートを無造作に。札入れは、各紙幣の指定席としてリザーブしているようですが、今のところ少額のお札様が少々。メモ類を札入れに入れれば小銭も充分入るのに、「小銭入れに小銭入れたら、踏ん付けた時にカードが割れるやろ?」だって!踏ん付けるなよ・・・!

キーケースは、今回はついでの買物だったけど、優れモノでした♪海外土産の某ブランドのキーケースは、6連なのに金具がお粗末で、文具売場で売っているリングをつけないとはめれない鍵が多く、嵩張ってたようです。数が多いので、いくつかの小さな鍵は小さなリングで連ねていますが、難題の車のキーと防犯装置のロックを背面チェーンに委ねた為、ケース内はスリムに収まってしまいました。今までは、ケースの外に車のキーと防犯ロックを出していても不細工に膨れあがってたのに、本当に同じ数の鍵が入ってるのか?と疑うほどすっきりしてしまいました。

ギャルソン財布って、本当に使いやすいですね。手に持って、実際にカパカパやってみて、実感しました。「次はこれかなぁ・・・ギャルソン財布の、ブライドルの赤・・・」こないだ自分のパイソンを買ったばかりなのに、ちょっと浮気心が出るほど、ガバ!と開いた時の、各種紙幣と小銭まで見渡せる使い勝手に感動しました。がまぐち愛好家の主人には、小銭入れを別の用途に使ってもらうつもりだったけど、実際使ってみて、ここに小銭を入れない主人は変わり者です。まぁ、こういう使い方する人もいますということで・・・(笑)

RE:小吉さんはご主人用にブライドルレザーのギャルソンタイプと、キーケース(アルバじゃないかな)をゲットしてくれました。アイソラ・ユーザーは女性が多いので、男性でギャルソンタイプを持ってくれるととても嬉しい。ぼくも使っているから仲間が増えたみたいです。小銭入れ用のガマ口を手放せないというのがシブイな。そして自分なりの使い方を考えてくれているのは、作っている立場からすると嬉しいものなんですよ。小吉さんはまだパイソンをゲットしたばかりなんだから、もうしばらくは新しいものをゲットしなくていいです。そのパイソンも使い込むと、すごくいい味が出てくるんだから。先日イエローのマットパイソンを1年ほど使っている友人が、自慢げに見せてくれたけれど、「エッ、これがアイソラのマットパイソン?」というくらい落ち着いた、いい味のサイフになっていました。やっぱりいい革って使うといい味になるんだな。
day:Sun, 17 Oct 2004 02:51:50
name:まき
city:船橋

3年半くらい前に「Linea ピットーネ」を船橋駅前店舗(すみません名前を忘れました)で購入しました。長い間使っているにも拘らず皮もしっかりしているし、購入時に心配した蛇皮ならではのウロコが剥がれたりもしないし、白地に黒模様で、中が黄色といった可愛らしさやインパクト、その上縁起が良いなんて点もかねている上に、収納も抜群なんて良い子ですよね♪以前はブランド物の財布しか使ったことが無かったのに、この財布を見て「これこれーーー!」と一目ぼれして、この色が無くて即お取寄せ。過去を振り返ってみるとこんなに長く使った財布って無いんです。こんなにステキなお財布をありがとうございます〜。

追伸

このお財布のおかげか、買い換えた1年後に主人のお給料が上がり、昨年にはマイホームを建てる事が出来ました(^^)縁起が良いって本当かも・・・!!

RE:最近数字的にもマットパイソンやエトルソなど、パイソンの売れ行きが好調です。まきさんも言っているけれど、アイソラの使っているイタリアから輸入しているパイソンは、ウロコがしっかりしていて、使っていてもくたびれるというよりも、使い込むほど元気がでてきてしまうような革なんです。これって、誉めすぎじゃないですよ。ぼくだって使っているし、みんなの使用後を見ていると、ホント、自慢したくなります。それで給料が上がってマイホームがゲットできるなんて、日本中の人に使ってもらいたいくらいですよ。
day:Wed, 15 Sep 2004 03:20:05
name:小吉
city:o0saka


>アイソラのサイフがまたヤフオクに出ていましたか

無知な私が、「いいもののメーカー名を知る」ことが出来たので、出品者さまさまなんですけどね。 (^_^A゛

イノウエサックスさん、倒産しちゃったんですか、残念・・・

ともあれ、お店を教えていただけたらすぐにも!と思っていたので、今日、4日にオープンしたばかりのなんばCITY店に、早速行って来ました。迅速なお返事、ありがとうございました。

今回、マルチカラーパイソンにかなり心動いていたんですが、扱ってなかったので、店員さんのキーホルダーで、マルチの革の感じを見せてもらいました。kikiさんの特注品の札入れも見せていただきましたし、久々のゴマちゃんも触りつつ、あれこれ悩みました。

家計費と小遣いの2つの財布を一つにするには、今は、やはり蛇腹のショートで、蛇革がいいということに。マットパイソンならイエローかナチュラルと思ってたんですが、2年近く使い込んだ、店員さんのナチュラルの定期入れを見て、ナチュラルに決めました。とてもいい色に仕上がっていましたよ。私の買ったのは、色が優しくて柄も綺麗です。HPで見たうんちくを語ったら、これは雌で定期入れは雄ですかね〜、なんて盛り上がってしまいました。

帰宅後、2つの財布を一つにまとめました。パンパンに膨れ上がった姿は、ニワトリを飲み込んだ錦蛇のごとく。「それはもう財布とは思えまい!」と主人。(笑)お金よりカード類が多いのが、ちょっと淋しい気はしますが、札入れのところは小遣い、常時1万程度しか持たない家計費は、折って小銭入れ、小銭は共有、でカタをつけました。私も晴れてIsolaの初心者です♪

ブランドものは高価なくせに画一的で大嫌いですが、子供の頃から財布は大好きです。マルチカラーパイソンも、がま口付きタイプもいつかは・・・と思っているので、職人さんが減っているという事情もあるでしょうけど、どうかどちらも生産中止になりませんように。 m(--)m

RE:小吉さんはヤフオクで競っていたアイソラのサイフを見て、ショップを聞いてきてくれました。そしてできたばかりのなんばCITYのkikiでマットパイソンのサイフをゲットしてくれました。今関西方面ではkikiが乗っているので、アイソラも便乗して勢いづいています。ニワトリを飲み込んだ錦蛇みたいなサイフって、なんとなく縁起よさそうだな。風水の色よりも、なんでも呑みこみそうで、いいんじゃないかな。たしかに職人さんは激減しているけれど、アイソラはがんばってサイフを作り続けていきたいと思っています。応援、よろしくです。
day:Tue, 24 Aug 2004 00:10:14
name:takako
city:tokyo


先日、お店を教えていただいた、たかこと申します。早速、日比谷の方のお店に行って、白のギャルソンタイプを購入してきました。

ヌメと白でしばらく迷ったんですが、白にしました。去年イギリスで白い財布を買い逃し、日本でも見つからず、とても悔しい思いをしたので、今回は白だ!と思って。汚れてくるかなぁとも思ったのですが、持ってみて鏡で見た感じもなかなか良く、決めてしまいました。あとヌメは主人がはまっているので、譲ってあげようと。ちなみに今日仕事中お店を覗いてきた模様…検討中だそうです。

使い始めてまだ2日ですが、本当にいいですね!評判通り、とても使いやすいです。手間取らずに小銭が出せてしまうところは、感動モノです。カード入れ・仕切りが多いのも気に入りました。

機能・デザイン・価格・こだわり、全て良く、これからも愛用して行けそうです。周りの人にも広めていきたい(見せびらかしたい!?)です。

もうすぐ主人の誕生日なので、今度は新宿のお店に行ってみます。お気に入りが見つかるといいなぁ。

まだHP読破できていないので、これから色々勉強させていただきます。また何かの時には、よろしくお願い致しますm(__)m

RE:takakoさんはアルバの白のギャルソンをゲットしてくれました。白って汚れやすいとはわかっているのだけれど、ぼくもとても好きな色で、つい手に入れてしまいます。そうそう、この夏もスニーカーが欲しくてグレーをゲットしたんだけれど、やっぱりあとで白を買ってしまった。白いサイフをイギリスで見ましたか。ぼくも白いサイフはあまり見たことがない。サイフって日常的な道具だから、汚れを嫌うんでしょうね。ぜひ使こんで汚れてから、感想を聞かせてください。
day:Mon, 23 Aug 2004 19:29:27
name:亮
city:名古屋


昨日、ついに念願のisolaヘビ柄財布を購入しました!最高に嬉しいです!!なんと半年もJ−BAGに通って眺めて悩んでを繰り返してました。

というのは実は今使用している財布もisolaで去年の誕生日(3月31日)に大好きな彼女からプレゼントしてもらったものだったからなんです。ずっといまの財布を使うつもりでいたんですが・・・革のつやなんかがいい感じになってるんでかなり気に入っているんで!それでもヘビ柄を購入しようとおもったのは・・・・・ある日、何気なく某ショップをフラフラしてた時に偶然isolaの財布が置いてあったんです!それまではプレゼントしてもらった財布なんで、何処で売ってるかなんて聞けず、気にはしていたんですが半分あきらめてしまっていました。売ってる店を発見したとたん、種類はどんなのがあるんだろう?色は?形は?いままで売ってる店がわからず、押さえてた好奇心が爆発しました!その場で店に置いてある商品を全部教えてもらったりして・・・・興奮しました。とりあえずいまの財布を修理することになったときのために!と思って昔から欲しかったけど我慢してたヘビ柄を買いました。

もうたくさんの人にこの財布の良さを言いました!すごく上品でいい財布です。僕はそのすばらしい財布に大切な彼女からの想いがこもってるんでisolaのロゴや言葉を聞くとなんかとても嬉しくて胸が熱くなります。いままでそんなに気にもせず適当に財布を買って使っていた僕にとって、isolaは僕の中では革命を起こす鍵になりました。このメールを打ってる今もなんか嬉しく・ドキドキします。

自分も趣味で革を買って財布や小物を作ったりして友達に頼まれたり・プレゼントしてるんでいつかたくさんの人の手に大切にされるようなものを作ろうと密かに誓いました。

isolaが僕の手に届くまでに関わった人が、もし一秒でも違う行動をしていたら何らかの思い違い・トラブルで僕は今頃違う財布を使っていたかもしれない。だから・・・isolaが僕の手元に届くまでに関わった人すべてとisolaをプレゼントしてくれた彼女とisolaに感謝してます。

本当に毎日財布を手にするのが楽しいです。またメールします!

RE:亮さんは彼女からプレゼントされたアイソラ・モノを使っているうちに、アイソラにはまってくれたようです。そしてヘビ革のサイフを半年悩んで、とうとうゲットしてくれたんだ。「サタデーナイト・フィーバー」でジョン・トラボルタがシャツを買うときに、似たような話があったな。ぼくはその場面がとても好きだった。そして名古屋地区の宣伝担当をしてくれています。ありがとう。亮さんは自分でも革の小物を作っているんだ。しばらくはプロの作ったものを味わってください。
day:Mon, 9 Aug 2004 16:07:49
name:goto
city:岐阜


ちょっと前になりますが、5月半ばに自宅近辺のショップを紹介していただいた者です。(家の猫が財布に粗相してしまい、急いでるんですっ! という話でした)その後 教えていただいたショップになかなか行けず、夫の幼少期からある、西陣織っぽい「ザ・お土産」というような財布を使っていました。

で、昨日、岐阜に行く用事がありましたので、夫に頼んでヤヒロ柳津店に連れて行ってもらいました。そこでとうとう会いました、夢の財布。アイソラの財布を持つ友達から見せてもらっていたので、型は蛇腹のようにポケットがたくさんあるもの、と決めていたのですが、素材をパイソンにしようか迷っていたのです。ところが そこにはメッシュ状に編んである黒い財布がありました。

編んである財布、それはわたしの憧れでありました。上品で、それでいて丈夫、主張しすぎない個性 というのか、とにかく憧れでした。一緒にいた夫の太鼓判ももらって買いました。素材と型が自分の理想通りなものに会えたので、本当にうれしいです。この財布を40代、50代になっても持っている自分を想像するのはとっても容易ですし、たぶん絶対使い続けると思います。

というわけで 一時 バカネコ呼ばわりしていた猫ですが、こうしてみれば わたしと財布を会わせてくれるきっかけを作るべく、わたしのバッグをトイレとして使ったのだろうか・・・と思ったりして。だって、その惨事で使えなくなったものは財布だけで、他に入ってた物は何も影響ないか、洗濯で済んだんですから。


ありがとうございました。本当に幸せな気持ちです。

RE:ホームページのどこかにも書いたのだけれど、最近サイフをペットに襲われたという被害者が続出しています。でもこういうふうに他の会社のサイフを襲って、アイソラ・モノに乗り換えてくれるという被害は大歓迎だ。今度野良猫でもしつけようか。って、gotoさん、ごめんなさいね。メッシュのクロというとカリオカのメッシュだ。カリオカって高価な革だから、メッシュにするのはなかなか勇気が必要だったけれど、みなさんに気に入っていただいて、作ってよかったと心から思っています。ネコに気をつけて使い込んでください。
day:Wed, 4 Aug 2004 23:09:53
name:MIKA
city:北見市


初めてメールさせていただきます、というか今回初めてisolaさんの財布を購入させていただきました。

私は結婚二年目の主婦なのですが、自分用の財布、家庭用の財布を分けて使っているのですが、家庭用の財布が独身時代から使っていたものを流用していたため痛みがひどく(しかも布製)以前から買い替えを考えていました。

なかなか候補は見つかりませんでした。「もう25歳だし、年齢的にもそろそろしっかりしたものを持ったほうがいいんだろうな」と思い、ブランド物も検討したのですがお店で見ても、ネットで見てもどうもしっくり来ない・・・(もともとブランド名が大きく書かれたものをもつのには抵抗があるのです(汗))そんなときに自宅近くのセレクトショップを「ここならもしかしたら・・・」とのぞいてみると・・・出会ってしまいました!うんちく話の「へび皮の縁起を教えてもらいました」のページの真ん中あたりの写真、オレンジと緑のパイソンの財布と同型のベージュのようなゴールドのような色合いのお財布!!!

最初は「げっ、蛇!?」と思ったのですが見て、さわっているうちにどんどん好きになってしまい・・・けど、あまりにも個性的なのと、値段が同形のヌメ皮素材の物の2倍近くすることに「すこし考えさせてください」とその日は店を出たものの、数日間忘れられずとうとう昨日手に入れました!一日持ってみて思ったことは、昨日買ったものとは思えないほど手になじんで、使い心地がいいですね。私が今まで持った財布の中では最も高額なものなので当たり前なのかもしれませんが・・・。

それより何よりうれしいのは、周りの人があまり(というか私の周りに限って言えば誰も)持っていない、けど作りがしっかりしてデザインも素敵な、どこに持っていっても恥ずかしくない財布に出会えたことです。HPも製品に対する愛情が感じられて、そんな会社の製品を持つことをうれしく思います。もうしばらくたって自分用の財布の買い替えの必要ができたら、HPをみて「こっちのほうが良かったか!?」と一時心が揺れ動いたブルーのパイソンを検討しようと思っています

それでは、ずいぶん長いメールになってしまいましたが、暑い日がまだまだ続くようなのでお体にお気をつけて素敵な製品を作ってください、また、お気に入りを見つけられるのを楽しみにしています。ちなみに購入したお店は同じく北海道北見市のBloom Spiritsさんです。

RE:MIKAさんは結婚2年目の主婦のかたです。アイソラ・ユーザーはやっぱり新人の主婦なかたが多いな。たぶん独身のころはナショナル・ブランドだって買うことができたけれど、主婦になってお金の大切さがわかって、ナショナル・ブランドの画一性がイヤになったというかたが、アイソラ・ユーザーになってくれるんだろうな。「げっ、蛇!?」って気持はよくわかります。ぼくだってそうだったんだから。でもぼくも今ではヘビ使いです。アイソラもようやく去年くらいから北海道に上陸できたので・これから北の大地からのお便りが増えるかもしれないな。
day:Tue, 3 Aug 2004 15:03:0
name:RIE
city:京都


以前そちらの商品がどこにあるか問い合わせさせて頂いた者ですm(__)m。すぐにでも財布が欲しかった私は早速見に行きました。まず藤井大丸に行ったのですが、財布があまりなかった様に思いました。でも可愛いカバンがいっぱい♪秋にあったらカバンをGETしにまた訪ねたいです。

で、財布なんですけど私が初めてアイソラと出会った場所。寺町通りを横に入った小さなお店でGETしちゃいました。お店はこじんまりしてますがたくさんのお財布とアクセサリーが並んでいて一日中眺めていたい気分になります。一通りお財布を眺めて「ん〜...悩む」どれも可愛かったり格好良かったりですごく悩みましたが編みこんであるメッシュ(?)ようになったお財布の中でも一番オレンジ色に近い物を私の物にしました。

カードをたくさん持っている私にとってカード入れが少ないのが気になりましたが、カード入れもいづれアイソラさんの商品で揃える事にしたので解決☆お店のお姉さんも良い人だったし最高のお財布もGETできたし幸せな一日でした。本当にありがとうございましたm(__)m

RE:RIEさんは京都の寺町通りにあるkikiでゲットしてくれました。といっても関西に暗いぼくには、どこのお店なのかはさっぱりわからない。たまには行かなきゃいけないな。20歳代は新撰組のおっかけで、毎夏京都をめぐっていたんだけれどな。RIEさんのようにカードをたくさん持っている人は、絶対にひとつじゃ無理だから、カードケースとの併用を考えたほうがいいです。でも無くしたときには大騒ぎだから、ちゃんとバックアップを取っておいてくださいね。
day:Sat, 31 Jul 2004 18:02:13
name:RYO
city:岡山

先日は、取扱店を紹介していただき、ありがとうございました。在庫を確認くださいとの事でしたので、お店に連絡してみました。すると、見てみたかった色がなかったので、思い切ってリンクで紹介されていた米子のお店に行ってきました。

欲しかったギャルソンタイプは数種類ありましたが、今回はフェスタのグリーンを購入しました。ホームページで見た印象では、カリオカのオレンジと思っていたのですが、他の色や素材を目の前にすると、迷いました。悩んでいたら、お店の方に「手に持った感じを鏡で客観的に見ると、印象が変わりますよ」とアドバイスいただき、何種類か試して、グリーンにしました。やはり、現物をみて触ってみないとわからないものですね。それから、お便り紹介にもありました「使用したらこんな感じ」の見本もすごく参考になりました。お店の方には、たくさん説明もしていただき、とても感謝しています。

今までいただきものの財布ばかり使用していた私が、初めて自分で納得して購入した財布です。大事に使わせていただきます。これからもこだわりの商品を作り続けてください。応援しています。

RE:YOKOYAMAさんは岡山から米子まで行ってくれました。お取引先とはいってもアイソラ・モノを全部置いてあるお店なんかあるわけないし、お問い合わせしてくれる人は少しでも多く置いてあるお店でチョイスしたいだろうから、紹介する身としてはけっこう困ってしまうことが多いんです。ぼくはいつもアイソラ・モノをとっかえひっかえ使っているから、これからは少しづつぼくの使用前・使用後を画像で載せるようにします。提案をありがとう。といってもぼくは飽きっぽい性格で、あれやこれやを使い散らしているわけじゃなくって、あくまでもぼくはアイソラの実験台なんですからね。
day:22 Jun 2004
name:Tamaki


早速行ってきました。どうしても、夏用にサントスの黄色でがまぐちがほしいとずっと冬の間からおもっていて(HPのだいぶ前のおすすめを読んでほしくなりました)、運良くみつけることができました。同じところにオーストリッチの型押しのがまぐちもならんでいて、値段もそっちのほうがやすいし、お店の人は丈夫だしおすすめといってくれたのですが、黄色がないのとサントスのきれいな色には負けました・・・とっても満足しています。

去年も東京に行く機会があって、ついでに新宿のタカノさんへよってギャルソンを購入しました。なんだか私にとっての東京みやげのようになっています。アルベリッカさんで、最新のおすすめにのっているエナメルのギャルソンをみました。とってもきれいな色で、素敵ですね。

わたしのギャルソンも使い込んできていい色になってますが、違う意味でとてもいい色でした。次に狙うは、エナメルかな?ありがとうございました。

RE:tamakiさんはもう生産中止してしまった、サントスのイエローの口金つきのサイフを探し出して、ゲットしてくれました。これからの季節にあのレモンイエローはとてもgoodです。でも汚れやすいから注意して使ってくださいね。そしてホームページにアップしたばかりのアルノと呼んでいるエナメルのギャルソンタイプも見てくれたようです。ちょっと心が動いているかな。ガマン、ガマン。今年の夏はサントスのレモンイエローを楽しんでください。
day:19 Jun 2004 15:11:12
name:じゅんこ

0902の財布を購入しました。念願かなって、とにかく嬉しくて嬉しくて…。もう使って一ヶ月になりますが、いい感じに色がついてきてます。はじめはアコーディオンみたいで、カード収納がうまく行くかなあ。と思ってましたが、沢山入るし、見やすいし、今ではそこが一番気に入ってます。ボタンが2つついてたり、チョットした事に作られた方のやさしさを感じます。小銭も見やすく、なんでもっとはやくこの財布に巡りあわへんかったんやろうと残念でなりません…・。これからも年を重ねていくごとに味が出るのを楽しみにしています。

RE:この型はちょっと大型で、小さなバッグを使っている人には持てないほどだけれど、お札を2つに折らないので女性に人気があります。男性はバッグを持たないので使えそうもないですけれどね。アイソラ最古の型番なので、地味に人気があるといってもいいんだろうな。人も出会いなら、サイフも出会いです。気に入った型に出会ったということは、とてもラッキーなことです。使い込んでじゅんこさんの使い方を見つけてください。
day:20 Jun 2004 22:05:39
city:米子

今日、15〜16年ぶりに財布を買い換えました。ここ1年くらい、ずっと探してましたが、なかなかしっくりこなくて・・・今日は、ラッキーでした。

嫁さんとまだ付き合っていたころに、レノマの財布をプレゼントしてもらったのを、大事に使ってましたが、最近さすがに痛んできて・・・(結構良い仕事してる財布でした)

やっぱり、良い物を永く大事に愛着をもって使いたいので、ブランド物もいっぱい見て回りましたが・・・(なんかマークだけみたいで、昔みたいな仕事してない様な・・・)

そんなモヤモヤした月日が過ぎてて・・・、なんと、嫁さんが、米子のジャスコに結構良いのがあったんで行ってみるーってことになって・・・

初めて行った店(juju)で、聞いたことないメーカーでしたが、んーなかなか良いやんかー

でっ、即決、2種類買っちゃいましたー。

今回も、嫁の見立てで、又、十数年愛着を持って使えそうな気がします。

これからも、良い仕事お願いしまーす。

RE:15、6年は使いすぎだ。100年生きたって7個しか使わない。これじゃぼくたちサイフ屋がかわいそうだ。ってぼくは勝手に思うけれど、レノマを本当に気に入っていたんですね。そして次に使ってくれるのがアイソラ・モノということなので、ぼくはとってもうれしい。米子のJUJUはお店の人たちがアイソラ・ファンなので、きれいに飾ってくれているんだと思います。でも次に買い換えるのが十数年後ということは、ぼくはそのころまだ仕事しているのかな。
day:Sun, 16 May 2004 14:00:4
name:yucca
city:京都


こんばんは。3月に大阪の取り扱い店舗を教えて戴いたyuccaと申します。ゴールデンウィークに京都・藤井大丸のkikiさんへ行ってきました!憧れていた品々が目の前にある!しかも、色とりどり!とうれしくなってしまって。

小銭入れを探していてHPにたどり着いたのですが、HPを拝見していると、革や商品を大切にされているのと、楽しみながら商品を作られてる感じとかが伝わってきて、ぜひともアイソラさんの商品が欲しくなって、店に行くのを楽しみにしていたんです。

迷って迷って、ピンクのアルバの小銭入れを購入しました。うれしくてうれしくて、友達への自慢はもちろん、支払いの時はやたらと小銭入れを取り出してしまいます。

下調べ万端、気分はほぼアルバ!(あのムラ具合素敵ですね〜♪)、カードケースもいいなぁーなんて思いながらお店に向かいました。が・・・実物を見るとエトルソも良いですね。色合いと見た目のかわいさに惚れてしまいました。

元は蛇って気持ち悪いな・・・と思っていたのですが、手触りにビックリ。とても柔らかいんですねー。鱗が剥がれないかな?(財布の角とかよく擦り減らしてしまう方なので)という思いと、ちょっと予算オーバーなので、初心に戻ることにしました(^^ゞ

アルバのピンクとオレンジで迷ったのですが、店頭になかったので、お店の方が倉庫までとりに行ってくださって、親切な対応もうれしかったです。色数がたくさんあるので、選べる楽しみが増えてうれしいですね。

アルバのキーケースもとてもかわいらしくて欲しくなってしまいました。車もないし、鍵といえば自宅と自転車の分しかないのですが・・・いつか購入してしまうかもしれません(笑)

次は、お財布とカードケースを買いたいなぁと思っています。多分、次も迷うんだろうな〜(笑)素敵なお財布、本当にありがとうございました。

RE:yuccaさんはアルバの小銭入れをゲットしてくれました。お選びになったのはピンクで、アルバのピンクってそのままだと濃すぎて面白くない色なんだけれど、ちょっと工夫したらとてもいい色になってくれました。そして頭の中にはエトルソというパイソンが焼き付いてしまったようです。そうそうへびって薄い革なのでみなさん心配するけれど、とても丈夫な革で牛なんかよりも全然長持ちします。でもこれはパイソンという大きなヘビの話で、水蛇など小さな蛇は紙みたいに切れてしまうのもあります。もちろん使い方によっても違うので、その辺のところは「自己責任」でお願いしますね。yuccaさん、無理しないで増やしていってくださいね。
day:Wed, 05 May 2004 20:34:24
name:すみれこ

こんばんは!ゴールデン・ウィークも最後の日、寒い日となりましたね。久野さんは海だったんですね。大丈夫でしたか?

そうそう、アルベリッカの奈良さん、一昨日にようやくピンクのエナメルのギャルソン財布をお使いでした。ワタクシのせいで、お待たせしてしまいました。

私とはいいますと、友人に贈った水色のエナメルのギャルソン財布も手に入れておこうかと考え中!!こんなに使いやすい財布には、なかなか巡り合うことは無いなと…ましてや、美しいエナメルのパステル色・・…奈良さん曰く、「あんまり作っていないみたい・・!!」欲しい時に無いのは悲しい。

ワタクシ・…元々「財布が気になる」人種のようで、使った財布は数知れず・…エルメスのベアンなんて7年かけて、2つつぶしました。さすが、エルメス、その間に修理は3回出しました。ベアンはベアンでかなり満足していましたが、いまの世の中、特に主婦の身では、ベアンでは間に合わなくなってきました。

薄い財布にも憧れて、色々探して使ったりもしましたが、私の場合、どうもたくさんのモノが入ってくれた方が「心に余裕」が生れるのです。

お札は折らずに入れたい、新札が好きなので・・・・
大好きな宝塚のチケットも入れたい、小さな封筒も入れたい・・・
新幹線のチケットも航空券も入れたい!!
私が財布に望むことは、あまりに多いようです。私にとりまして、もはや財布は「お金を入れるもの」だけでは、おさまらないのです。無くしたら大変ですが、幸い、未だかつて財布をなくしたり、盗られたりしたことはありません。

そして使いやすいと思ったら、よく贈り物に使います。今度は叔母にパイソンのギャルソン財布を贈る予定です!!関西人だから、絶対にウケル(!?)いや、喜んでもらえると確信しています。

なんだか、ヒマにまかせて、アレコレと書いてしまいました。これからも、アルベリッカを、奈良さんをよろしくお願いいたしますね。そして、ワタクシも・・・・isolaさんの大ファンです!!

RE:すみれこさん、嬉しいことにぼくのブログに気が付いている。G・Wにぼくが海にいるってブログを見てくれていないかぎり、わかりっこないですからね。すみれこさんはアイソラのお取引先で日比谷シャンテにあるアルベリッカの店長が自分用に取り置いておいたアルノという革のギャルソンタイプをとても気に入ってくれて、店長に交渉してゲットしてくれたんです。後日アルベリッカの店長はまたアイソラに注文をだしたことは言うまでもないことですけれどね。すみれこさんのように、最近エルメスのベアンからギャルソン・タイプに乗り換える人からいくつかメールをもらいました。みなさん共通に、少しでも多く入って仕分けし易い型を探している方のようです。この型はなかなか関西方面では受け入れられないので、すみれこさんの営業に期待しています。叔母様によろしくお伝えください。
day:Tue, 23 Mar 2004 22:55:49
name:純


電車に乗ってイノウエサックさんに行き、アズテック/オレンジを連れて帰ってきました。

ホームページの写真で見るより実物のほうが幾倍も素敵でした。

手のひらに乗せてそのコロンとした姿を愛で、ショーケースの上に載せて遠目に眺めながら、自分の手で触れ、自分の眼で見て迷う時間は想像以上に楽しいものでした。

本当に納得のいくお財布に出会ったのは初めてのことです。長く仲良く付き合って行きます。ほんとうに素敵な出会いをありがとうございます。

贅沢な望みでしょうけれど、いつか、すべてのラインナップ(色も形も全部!)をひとつひとつ手にとってみて、「どれにしようかなー。」と、またじっくりなやんでみたいと心から思います。

次はオリノコのオレンジ!!でも5年くらいあとかな。

使用感はまたいつかお便りします。

RE:純さんはアズテックをゲットしてくれました。ぼくが「アズテックってアステカ文明の太陽神をモチーフにしています」といったら、「私はイタリアの陽気な太陽だと思って使うことにしています」という返事をもらいました。そっちのほうがいいな。イタリアのタンナポートという伝統技法で作られた革に、アイソラの職人の腕が妙にマッチしていて、ぼくもとても好きなシリーズになっています。純さんの5年後の新しいチョイスまでは、しっかり働いてくれることでしょう。
day:Mon, 23 Feb 2004 19:23:3
name:naosuke


私事で申し訳ないのですが、3年前の新婚旅行でイタリアに行きました。どうしてもちゃんとした皮のお財布がほしくて(どうも有名ブランド品の柄には興味がなくて)旅行中ずっと探していました。トスカーナの片田舎の小さなお店で主人のお財布は見つかりましたが、女性ものがなかなかありませんでした。それ以来、ずっとお財布を捜し求めておりました。

デパートでも、なかなか心惹かれるお財布には出会えませんでした。そんな時、友人がアイソラさんのお財布を紹介して下さいました。なんと友人のご家族は、みんなでアイソラさんの大ファンでした。お父様はじめ(スケジュール帳)お母様もとても大切に愛用されているアイソラさんの上品で美しい皮に一目ぼれしてしまいました。一つ一つ丁寧な作品から、本物の素晴らしさ、温かさに感激致しました。早速、友人にHPも紹介して頂き、嬉しく拝見させて頂きました。通販をされていらっしゃらないことにも感銘致しました。

来月の結婚記念日の記念品に是非、主人とアイソラさんのお財布をお互いプレゼントしようと、今から心弾ませております。(やっと、夢のお財布に出会えて幸せです!)そして、私の家族にも早速紹介させて頂きます。これからも、素晴らしい作品を楽しみにしております。陰ながら、応援させて頂きます。時節柄、ご自愛くださいませ。

RE:イタリアって皮革製品の本場なんだけれど、良質の皮革製品を買おうと思ったら意外とショップがないんです。日本では街中でも駅ビルでもショッピングセンターでもバッグ専門店って必ずあるけれど、こういった品揃え型のお店がたくさんあるのは日本だけじゃないかな。だから外国で良質のモノを買おうとするとどうしてもナショナル・ブランドになってしまうのです。今日本でもいろいろな理由からそんな状況に近づきつつあります。専門店育ちのアイソラにはちょっと悲しい現実です。でもnaosukeさんやアイソラの大ファンというお友達家族みたいな人たちがいるから、アイソラは大丈夫か。そのためにはイタリアよりもgoodな皮革製品を作らなければいけないな。
day:Thu, 19 Feb 2004 21:30:46
name:友紀
city:埼玉


先日、埼玉県での取扱店をお聞きしたyuukiです。埼玉では残念ながら取扱がないということだったので新宿のタカノさんへ行ってきました。

恋人の昇格祝いに、使いやすくて、本格的な物で、でも、グッチ等のブランド物ではなく、デザインが良い物を探していたところ、ネットでこちらの財布を見つけました。

実際に手にとってみると、なんというか、滑らかで手の中に納まりがよく、とても気にいりました!一緒に見ていた恋人も「ブライドルレザー」の茶色の財布(11000円)が、色、デザイン共に気に入ったようで、プレゼントすることができました。ジーンズやスーツのポケットに入れて使えるような物、普段遊びに行く時も、仕事の時も使える物が欲しかったので、ぴったりの物が見つかって嬉しく思います。

お店にディスプレイしてあった、白い財布がとても気になりました。クールだなと思います。今度は自分の物を買おうと思っています。どうもありがとうございました!

RE:アイソラは埼玉県内にはお取引先がなくなってしまったので、友紀さんは新宿まで行ってゲットしてくれました。それも自分用じゃなくって恋人へのプレゼント用ですよ。うらやましい。でも思っていたような型に出会ってくれたようなので、ぼくはホッと一安心です。白いサイフも気になっているようだし、アイソラ・ユーザーは圧倒的に女性なので今度はぜひ友紀さん用に探してみてください。
day:Mon, 16 Feb 2004 00:18:05
name:となりのトトロ


5年位前に、「すっごい可愛い財布を見つけた!!」と興奮して帰ってきた妹の影響で何度かお店を訪れアイソラの大ファンのなりました。私も妹もブランドには全く興味がなく、アイソラに出会うまでは財布にもあまりこだわりがなかったのですが、使い込むほどいい味を出してくる革の魅力にハマっています。

私は、蛇腹タイプ(ごめんなさい。名前がわかりません)のお財布がとても使いやすく、気に入って4年程愛用しています。革はヴィトンと同じヌメです。購入する時に「ヌメは使い込むとあめ色になりますよ!」と見本を見せてもらって、これだ!と決めました。お店でも何度か磨いてもらっていますが、あの色には程遠く、使い始めた頃からヌメ特有の汚れが気になっています。手あかで黒っぽくなっているような感じです。「これが味!」とも思うのですが見本で見せてもらった明るいあのあめ色が頭にあるのです・・・

見本で見せてもらった物はヴィトンの皮ではなかったので同じ色にはならないと思うのですが、使い方やお手入れのし方で革の感じもずいぶん変わってきますよね!ちなみに妹は、同じ蛇腹タイプのオレンジを5年程使っていて、買った時の色とは全然違って「ワイン茶」(うまく表現できなかったので私が今、名付けました!)みたいないい色になっています。それを見ると余計にうらやましくて・・・

財布自体はとってもしっかりしていてますし、気に入っているのでこれからもずっと使い続けたいのですが、ヌメ革のお手入れのアドバイスをいただけたらと思います。よろしくお願いします! 

RE:となりのトトロさんは姉妹でもう5年くらいアイソラのサイフを使ってくれています。トトロさんがいうように革って使い方やお手入れでずいぶん違う変化をするものです。アイソラの使っている革はタンニンなめしの革が多いので、色が焼けて落ち着いた色目になるというのが多いのですけれどね。コスティル社のヌメって普通よりは焼けにくいけれどやっぱりあめ色に焼けるけれどな。どうしてしまったんだろう。
day:Sat, 14 Feb 2004 12:51:43
name:Etsuko
city:川崎

2月3日にアイソラさんの取扱店舗を教えていただいた翌日、早速、シャンテのアルベリッカさんでヌメのギャルソンとパイソンのカードケースを購入しました。HPでギャルソンを見つけたとき、「緑のカリオカを買おう!」と心に決めていたので、お店にヌメ(展示品のみ)しかなかったときは正直がっかりしました。しばらく固まっていた私に店員さんは「ヌメは使っていくうちに色が変わっていく過程を楽しめるし、このお財布の形は使いやすいですよ。私も使ってます。」と説明してくれました。

「でも裏と表の焼け具合の違い・摩擦で出来た汚れが気になるんですけど。」と言ったら汚れを消しゴムで丁寧に落として下さり、色の違いは日光浴させれば格差がなくなってくると教えてくれました。それでヌメにしました。お値段も展示品ということで随分サービスしてくれました。(ラッキー♪)パイソンのカードケースは、HPで見たとき、「ヘビなんて気持ち悪い。」と思ったのですが、実際に見て触ったら大人っぽくて良いなと思い即買いでした。両方とも、使いやすく手触りが良いので気に入っています。何の用もないのに手元に置いて革の匂いや手触りを感じています。毎日の日光浴が功をなし、色の格差もなくなってきました。もう手放せません。

私は、ヴィトンの財布を十年間愛用してきて、丈夫だし次もヴィトンかなと思っていました。でも周囲の友達を見渡せば、シリーズは違えども同ブランドを使う人の多さに今更ながら驚いてしまい、もう卒業しよう(←えらそーに)と考え、価格が良心的でしっかりした作りの御社の財布を手にした次第です。選択は正しかったと思う毎日です。

おとといは新宿のタカノさんで妹と夫用に赤と緑のカリオカカードケースを購入しました。夫は、透明ビニールなので中身がすぐわかるととても喜んでくれました。妹には来月渡す予定ですが、どんな反応を示すか楽しみです。5月の父の誕生日には、アイソラさんのどの財布をプレゼントしようかと今から迷ってます。

タカノさんでは、念願の緑のカリオカギャルソンと出会えました。見た目も手触りも惚れ惚れしたのですが、買いませんでした。浮気はせず、愛着の出てきたヌメ革を使い倒そうと思ってます。でも、いつか引退させるときが来たら、購入するつもりです。それまでずっと作り続けて下さいね。では、この辺で失礼いたします。

RE:etsukoさんは自分用に白ヌメのギャルソンタイプとマットパイソンのカードケースをゲットしてくれました。白ヌメのサイフって作ったときからもう色焼けが始まってしまうので、ゲットするのにはちょっと勇気が要りますよね。でもこれが革の原点だし、けっこうはまってしまう人が多いというのも事実です。そして今度はご主人と妹さんのためにカリオカのカードケースをゲットしてくれました。もちろんお使いになって気に入ってくれたからプレゼントしてくれたんだと思うと、やっぱりあの型って使った人はみんな便利と思ってくれるんだ。こんなときが生産者の至福の時なんです。ってちょっとオーバーか。お父さんのお誕生日には何をチョイスしてくれるのだろう。
day:2004/02/08 (日) 18:37
name:里美
city:豊田市

買いました!
初めまして。今年になってから、財布を探していました。アイソラのHPで財布を見つけ、これだ!と思って、長久手のアピタに行ける日を待っていました。今、ここは愛知万博に向けて道路工事中で、車で私が運転していくのにはちょっと勇気がいるのです。

で、やっと今日、行く事が出来ました。私のお目当てはカリオカのギャルソンタイプ。お札を折らなくていい方のです。色は行って、見てから決めようと。可愛い店員さんがこのオレンジはだんだん使っているうちにこんな感じになりますよ、と教えてくれました。キャメル、のような色になっていくのが
とても素敵!と思って、購入を決めました。

さて、いっしょに見ていた夫。私がこの色、どう?と聞いているのに、「それでいいんじゃない」一言言っただけで、他の製品を見ています。私が「あなたも買ったら?プレゼントするわ」と言うと、真剣に選び始めました。小銭は入れないから、と最終的にブライドルレザー純札タイプのブラウンにしました。でも私がギャルソンタイプに決めるよりもかなり時間がかかっていました。(笑)

さて、初めて長久手のアピタに行ったのに、もう、私は帰りたくて帰りたくて。車に乗るなり、「中身、入れ替えよう」と、入れ替えてしまいました。ふふふ、運転してなくて、よかったです。まだ、この財布で買い物をしていませんが、ウキウキしています。今年は結婚15周年で、一つの節目、と思って持ち物を買い替えています。自分へのご褒美と、これからも頑張るぞ、という気持ち、とで。

RE:愛知万博って地元の人以外にはけっこう認知度が低いのだけれど、名古屋周辺はもう盛り上がっているのですよ。もうずいぶん前、ぼくが行ったころにも道路工事はやっていたものな。そして里美さんはギャルソンタイプのカリオカのオレンジをゲットしてくれました。長久手のお店の店員さんはみんなアイソラ・ファンだから話が早いや。そしてご主人にもブライドル・レザーのアイソラ・モノをプレゼントなんて嬉しいことをしてくれています。結婚15周年のご夫婦にひとつの思い出をプレゼントできたって、アイソラもやるじゃないか。おめでとうございます。
day:2004/02/06 (金) 18:57
name:tomoko


10年くらい前にアイソラの財布を買ったのだけど、久々にまた出してきて使い始めたのです。うすいグレイのオーストリッチ風財布です。皮の手触りとかとってもしなやかでカードのポケットの大きさもよくて、これどこで買ったんだっけ?と思い試しにインターネットで検索してみたわけです。そしたらホームページまであって、嬉しかったです。どこで買ったかは思い当たりました。今度は春らしいきれいな財布を買いたいと思います。

RE:10年位前というと、アイソラが初めて自社ブランドでサイフを作り始めたころのことです、懐かしいな。そのころ型押しのとても上手なイタリアの革屋さんを見つけて、これだったらアイソラ・ブランドでもやっていけるかもしれないなんて思って、ずいぶん怖かったけれど冒険してしまいました。そのころはパソコンなんて触ったこともなくって、まさかアイソラがホームページを持てるなんて想像もできなかった。それが今じゃみんなが見てくれるホームページを持つことができて、おかげでこんなユーザーとお話できるんだから長生きはするものです。tomokoさん、そのオースト型押しのグレーのサイフってとても春らしいから、しばらくは新しいサイフなんて探さないでそのサイフを使ってください。
day:2004/01/23 (金) 14:46
name:sachiyo
city:大阪


先日、大阪でアイソラさんの取扱店舗を教えていただき、その日早速kiki南堀江さんへ会社帰りに行ってきました。母親の誕生日にギャルソンをプレゼントしようと思い、パペーテポニーはホントに理想通り!!!あまりの感動に即決!でした。自宅に帰って母にプレゼントすると非常に喜んでくれました。やはり小銭入れの使い易さに感動して何度も金具を開けたり閉めたり…(意外と子供っぽい)。早速今使っているお財布に『ありがとねー。』と言い、お財布の入替え作業にとりかかってました。

そして実は。。8年近く使っていたCOACHの確か…マンハッタンというラインの(今は生産中止)の2つ折り財布を愛用していたのですが(ホックはフィオッキ社でした!!)アルバの適度な色ムラにとても心引かれ、『今年は前厄だし厄払いに〜』とオレンジのアルバを自分用に購入しました。本当は厄払いには7色のものがいいんですよね(笑)まだまだ今のお財布は使えるのでしょうけど、非常に高い機能性と、使い込んでいくとどんな風合になるかなぁという期待もあり、とりあえずCOACHのお財布は一休みして頂くことにしました。アルバとは、これから大事に長いお付き合いをしたいと思っています。イイお財布に出会えたことを感謝しています。

RE:今度はCOACHに勝った。マンハッタンというラインはぼくは知らないけれど、8年使ったCOACHって貫禄も付いて、いい味出しているんだろうな。そしてギャルソンタイプのアルバに乗り換えてくれたんだ。COACHといいアルバといいsachiyoさんはオイルレザーが大好きのようです。アルバってとてもオイルの強い革ですからね。そしてお母様にはパペーテというクロムなめしでは最高の素材をチョイスしているんだから、革をよくわかってらっしゃる。
day:2004/01/08 (木) 18:15
name:☆まひる☆
city:船橋

私のこれまで使っていたお財布は気付いたら、6年も使っていたのです。まだ独身時代に、母親に買ってもらったのですがミラ・ショーンというブランドでした。↑のように、私はブランドモノに疎くいのです。周りのパートのママさんたちや娘のママ友のお財布はヴィトンのモノグラム(でしたっけ?)が多いので私も、そういうモノを持つべき?年代なのかしら?と悩んだりイヤイヤ、4万近く出すほど興味をひかれるモノじゃないんだよなあ、と思っていたところ・・・アイソラさんのHPにたどり着いたのです。ぜひ、次はここのお財布にしよう!!と思ってメールを出しました。年末年始の間、お財布のことばかり考えていました(笑)

そして、「次はアイソラの財布!」と心に決めてしまっていたのでとても悩んだのですがオーストリッチ型押しの(HP上のタイプでいうとNo.1211)ピンクのガマ口財布を買いました。ガマ口タイプは、ちょっとオバさんぽいかなあ、と思ったのですがどうしても、小銭入れの部分がボックス型に開くタイプを使ってみたかったのです。でも、本当のところを言えばオーストリッチ型押しは(バックなども含め)ちょっと、年配の方が使うイメージもあったりして、好きではなかったのです。主人にみせたところ「なんだか、オバさんぽい財布だなあ」の一言。でも、内側の皮のピンクの色のきれいなこと!!そして、なんと手触りのよいこと!!「手にしっくりくる感じ」という皆さんの言葉が伝わってきました。

だから、念願のアイソラのお財布を手に入れたうれしさといつもだったら選ばないデザインだったことで複雑な気持ちでいます。そして、以前のお財布に収まっていたカードの半分しか入らない、という事実にも、うれしさ反面・・・の複雑な心境の一因でした。

そこで、フツフツと別の欲求が出てきてしまったのです。今度は錦糸町まで足を伸ばしてみよう!今まで、手にした事のない、ギャルソンタイプの長財布を手にしてみよう!!・・・と。長財布はカバンに収まらないのではないか、長財布に入れるほどのお金ではないのでは(笑)、と思い躊躇していたのですがとにかく、カード類も多いし、(娘の診察券だけでも相当な数なのです)レシートもお財布にまとめておく習慣だし・・・と思って自分ではかなり、ワガママ且つ贅沢な選択なのですが今月のパートの給料がでたら、錦糸町まで行ってみようと思います。

RE:たくさんメールを読んでいると、6年くらい使う人が一番多い気がする。6年使うと革の弱い部分は裂れてくるし汚れてしまうしちょっと長いなとは思うけれど、お気に入りってなかなか手放せないものなんですよね。そしてアイソラ・ファンになってくれる人って、ルイ・ヴィトンから逃げてきたり、まひるさんのように「あれはちょっとね」というひとが多いです。クリスマスのころのルイ・ヴィトンのお店の混雑を見ると、ぼくだってやっぱり腰が引けてしまいますよ。サイフってひとつだけをいつも使う人が多いけれど、いくつかを使い分けるってけっこういいものです。ぼくは商売柄いくつものサイフを使い分けているけれど(おしゃれっぽく聞こえるけれど、本当は新型の人体実験なんです)移し変えるたびにいつもチェックできるし気分も変わるし、ギャルソン・タイプをゲットしたらまひるさんもぜひ体験してみてください。
day:2004/01/08 (木) 21:53
name:まきすぎ
city:浜松


元々、昔から財布と言うものに対し、小銭入れの使い勝手が気になっていて、あるDMの通販ページでギャルソン財布を知ったときから、喉から手が出るほど欲しくなっていました。けど、『ギャルソン財布』といっても、いろいろなメーカーで作っているはずだし、正直言って、その通販の色や形が気に入らなかったので、ネットで検索する事に…
でも、なかなかisolaさんのページにはたどり着けなくて、メンズ物の黒いギャルソン財布を諦めて購入しようかと考えていました(笑)。結果として、isolaさんのページでいろいろと知る事ができ、購入にありつけたわけですが、ナカノの店長さんも、『isolaの社長さんは、こだわりがある方ですよー。是非、メールを差し上げて下さい。』とおっしゃっていたので、しばらく使用してから、コメント差し上げようと思っていました。

さて、ギャルソン・タイプの財布が主婦のカガミという事は確かです。これまで小銭入れはがま口だと決めていました。その理由はずばり小銭が探しやすい!ということだけでした。しかし、最近ではそれにも限度がきてしまい、また、長財布は大きいとイメージがあったので、二つ折りでがま口が付いたタイプの財布を、ここ2代は使ってきました。初代の物は、ある日落とした時に衝撃で、がま口の玉(締める金具)が外れてしまい、あえなく終了。2代目は皮製品で有名なブランドの物で、ギャルソンの前まで使っていましたが、独身時代は色も皮の感じも気に入っていてよかったのですが、結婚してからは、レシートやクーポンが増え、今度はがま口ではなく二つ折りに限界を感じていた為、ダンナの勧めで、長財布を探す事に…しかし、やはり小銭入れに不満がありました。大抵の長財布は、小銭入れがチャックになっていますね?そのチャックがもどかしいのです(笑)。というか、レジで小銭をもたもた探すのが恥ずかしいと言うか…だったら、一挙にお札も小銭も見れるタイプがいいとなるので、ギャルソンタイプにたどり着いたのです。

isolaさんだと、修理もやって頂けるそうですし、こだわりがあることって、魅力的だと思います。ギャルソンタイプなんて、金具はドイツ製なんですね?いかにもって感じがしますが、容量によって止める位置が変えれるのは便利ですね。皮もいいし、作りがしっかりしているので、長く使えそうです。また、ナカノさんで、焼きごてみたいなもので名前を入れて頂きました。書体もおしゃれなので、更に愛着が沸いています。
RE:まきすぎさんから長文のメールをいただきました。申し訳ないけれどぼくの独断で抜粋させてもらい、一部を掲載させてもらいました。ホント最近ギャルソン・タイプが注目されているんです。通販ページで販売しているなんてぼくは知らなかったけれど、たしかにあの型は通販向きかもしれない。そしてまきすぎさんのようにいろいろな型を使ってきて、使い勝手に満足できなくってとうとうギャルソン・タイプにたどりついたという人がとても多い。やっぱりこの型はいい型なんだ。ぼくだって銀行用に使っているもんな。まきすぎさんもしばらくは満足して使ってくれる気がします。
day:2004/01/05 (月) 21:17
name:Hideyuki
city:okatyama


どもです。

先日メールを送らせていただいたところ無事、アイポスさんから通販で買うことが出来ました。ありがとうございました。購入したのはNO4002のタータンのギャルソンのグリーンのほうです。

ぼくはその昔ギャルソンパースの本物?ってのをもっておりまして非常に気に入っておりました。しかし、流行にながされて一度手放してしまったのですが2003年末にとてつもなくギャルソンタイプの財布が欲しくなりメールしたしだいでした。

気に入っています。なんというか写真をみて想像していたのよりもっとよい質感というか雰囲気があったので喜びました。僕は33歳のIT系の仕事をしている男なのですが同僚には男性が100%でこの財布を見せびらかしても非常に反応が薄いのが残念でなりませんでした。しかし、アパレル系の友人や、貴婦人などと出会ったときにには必ず「その財布いいですね」と声をかけてくれるのでさすがだなあ(財布もその人のセンスも)と思うのでした。

モノとしてよいものは所有欲を満たしてくれますね。すなわち僕は満たされているのでした。アイソラさんの仕事に期待しています。僕的には次はアバンギャルドなタイプを購入したいと思っています。

アイデアが沸いたらメールさせてもらいますね。

RE:たぶん欧州でゲットしたギャルソン・タイプにはまっていて、また欲しくなってアイソラ・ユーザーになってくれたようです。欧州ではギャルソンだけじゃなくって主婦にも人気の型だし、もちろんメンズ・ユースでも全然問題ないですよね。男ってスーツがワークウェアという人が大半だから、こんな大きな型を持つことができる人はとても少数ですけれどね。アイソラのネクスト・ワンはアバンギャルドですか。それってちょっと苦手。でもアイソラはいつも変化しています。アイソラ・ベーシックのネクスト・ワンも期待していてください。
HOME