アイソラ・ワークス

パペーテ

この型は表面にミシン糸がでません
 パペーテ・シリーズは北部イタリアにあるフラスキーニ社で作られた、クロムなめしではトップクラスの革です。選別された欧州原皮のカーフスキンを使用して、北部イタリアならではのクロムなめしで仕上げられたパペーテは、ソフトなタッチ感といい、微妙な染色といい、クロムなめしの長所を高い完成度で引き出しています。

デザインは1960年代に流行った「隠しミシン」という、紳士物の財布に使われていた独特の手法を使いました。糊貼りだけのように見えるので、繊細だけれど丈夫さに欠けるように見せながら、かけたステッチを隠す手法は、日本的な「粋」とも通じていて、、職人技がハッキリでてしまうので技量が問われる手法です。そしてクラシカルなシルエットと一部に使われたカリオカの赤のラインが、クロムなめしの革の良さを引き出しています。

2002/3/17

参照:クロムなめし
    フラスキーニ社 


BACK

HOME