2006.5.22日新着 本音トーク
なぜホームページに商品の写真をもっと載せないのだろう

先日、「是非、私のようにすぐにお店に行けないような方の為にも、HOMEPAGEに商品を掲載して頂ければと思います。」という内容のメールをいただきました。じつはこのようなお叱りは、ずいぶんユーザーの方やお取引先から受けているんです。自社の全商品をホームページに掲載して、通販などに真剣に取り組んでいる会社がずいぶん増えましたらね。

ぼくも本心は全製品をホームページに掲載して、ユーザーに眼でも楽しんでいただきたいと思います。でもこれには障害があるんです。アイソラはSPAじゃないからショップは持っていないし、アイソラ全製品を扱ってくれているお取引先なんて1軒もないし、今後もありえません。そんなバカでかいショップなんてありえませんからね。だからホームページでチェックして、手にとって見てみたいと思っても、置いてあるお店が探せない商品がたくさんあるんです。

ホームページを見てくれたユーザーがある商品が気になったとします。アイソラにメールで問い合わせても、とてもレアな商品なので、近所には置いてあるお店はありません。どうしても気になって、いつものショップに相談して、取り寄せてもらうことにしました。ショップからの入荷の連絡を受けて、見に行こうと思っているのだけれど、急に忙しくなってしまいなかなかチェックにいけません。ショップのほうではなかなかお見えにならないので、とりあえず店頭に飾ることにしました。でもこの商品はレアなので、なかなか買い手も現れず、ショップの担当者は販売をあきらめて、アイソラに返すことになりました。

アイソラに帰ってきた時点で、もうすでに2回梱包されて輸送されています。店頭にも出てしまったので、興味を持った何人かの方が触っています。ぼくたちは再仕上げするのだけれど、元通りにするには限度があるんです。結局この商品は売り物としての鮮度を失って、店頭に出ることはできなくなってしまいました。せっかくアイソラ・モノを買ってくれるユーザーに、鮮度の落ちかかったモノはお渡しできませんからね。「こんなことって何回も起きるわけじゃない。たまたまじゃないか」。

たまたま1本 x お取引先数 =

こんな数式が成り立って、アイソラではずいぶんな負担になってしまうんです。大量販売しているような業態の会社なら負担にならないようなことが、アイソラみたいにニッチな市場で、多品種少量生産で販売している会社にとっては、みんなの想像よりもはるかに大きな負担になってしまうんです。

これが、ぼくがホームページにたくさんの商品写真を載せることができない大きな理由です。通販会社に任せて通販を始めてしまえば解決する問題なんですけれどね。メールや電話でいくつもの通販会社から勧誘されたけれど、ぼくは納得できていないので、未だに通販は考えないようにしています。この問題を解決できるいい方法なんてあるわけないんだけれど、やっぱりなんとかいい方法を見つけたい。もう少し悩んでみたいと思っています。




BACK

HOME