3/15日新着 ピンクのヘビをはじめます
左上
No,1602
 ¥19,800

No、1510
 ¥4,800
カード入れ
左下
No,1601
 ¥16,000
右下
No,1603
 ¥15,000

 去年の秋のことです。マットパイソンのナチュラルカラーをジッと見ていて思いました。
 「へびって何で無難な色ばっかりなんだろ。カルロス・ファルチがけっこう面白い色を使っていたけれど、そういえば最近市場では見なくなったな」
そこでさっそくイタリアのカラベル社に連絡をとってもらいました。
 「フ付きのピンクのヘビって在庫はありますか」
 「フのないピンクは作ったことがあるけれど、フ付きはないなァ」
 「やったァ、別注しよう。また世界でも珍なるアイソラのサイフができる」
そして遅れに遅れてようやくピンクのヘビが届きました。市場に無ければいいってもんじゃないけれど、やっぱりありふれていないもののほうがいいよね。そしてサイフになったらいいんですよ、このピンクの色が。さすがイタリア人、この発色に脱帽です。

注:「フ」 ヘビの地模様のこと。リアルすぎるので脱色して消すこともできます。


BACK

HOME