財布&革小物 用語集


ハンドバッグやカバンなどは収納するものの形よりも、持った時の姿とか大きさによってデザインが決まります。でもぼく達の扱っている革小物っていうのは、中に入れるものを想定して、使い勝手を考えながら形を決めていきます。
だから名前を聞けば何のために作ったかすぐにわかってしまうことが多いです。それでも「なんなんだ、この名前は」というのもあるので、いくつかを紹介します。
これはぼくが30年近くこの業界に携わって、職人さんや様々な人と話しているうちに覚えた非公式なものなので、一般的なサイフ業界で使われている言葉ではないものもあることを、先にお話しておきます。


A:形態の名称

T類:お金を入れるためのもの

    束いれ(たばいれ)  お札を折らないで収納します

   札入れ(さついれ)   お札を入れてから2つに折るタイプ。小銭入れが付く。

   ブラ札           札入れタイプにカード入れを足してあるタイプ。

   純札(じゅんさつ)     札入れタイプだが、小銭入れがついていないタイプ。

   札バサミ           お札を金具で挟みます。

   ラウンド           表に付けたファスナーで、全体を締める型です。

   ガマ札入れ &            札入れの小銭入れ部分に、口金を使用しています。
          口金付き札入れ          

   小銭入れ           小銭を入れます。

   がま口            口金を使った小銭入れです。



U類:お金以外を入れるためのもの

   名刺入れ          名刺を入れます。

   パス入れ          パスを入れます。

   キーケース        キーを入れます。

   キーホルダー       キー付けるけれど、カバーはしない型です。

   シガレットケース     タバコを入れます。

   カードケース        カード専用のケースです。

   眼鏡入れ          眼鏡を入れます。



V類:文具系

   バインダー            レフィルを入れ換えられる手帳です。

   ブックカバー          主に文庫本のカバーです。

   ペンケース           ペンを入れます。



HOME